成年後見、遺産整理、不動産・マンションのトラブル解決 13年超の実績  
     
 誠実、迅速をモットーに 地下鉄肥後橋駅徒歩5分(土佐堀通り沿い)  
 家賃滞納 解決 評判 大阪 平木司法書士事務所(大阪市西区)  電話 06‐6445‐5767 
     
 
家賃滞納|解決事例|司法書士 大阪 報酬について  建物明渡|事例|司法書士 大阪 よくあるご質問  家賃滞納|専門|司法書士 大阪 事務所方針  建物明渡|解決事例|司法書士 大阪 ホームに戻る
 
     
 

トップページ>裁判に関すること>家賃滞納にお困りの方へ>家賃滞納解決事例

家賃滞納解決事例

家賃を滞納する賃借人には、さまざまな事情があります。

職を失う等の事情により、生活費が足らず、家賃が支払えなくなったというケースがよくありますが、それだけではない場合もあります。

大家さんに無断で又貸しをしていたケースや、一方的に賃料の減額を訴え、家賃を半額しか納めないケース。

これまでさまざまな案件を扱ってきましたし、中には任意での明渡には応じなかったため、強制執行により退去してもらったケースもあります。

以下、その中の一例をご紹介します。



家賃不払い 解決 ケース 訴訟前の任意交渉で建物明渡が解決した事例  


家賃滞納|解決事例|建物明渡

堺市在住の不動産オーナーAさんの話によると、滞納賃料が6か月分にもなっており、督促を続けても、支払うという返事だけで、一切支払いがないということで、滞納賃料の回収と、建物明渡に関する依頼をしていただきました。

 お話を聞くと、賃借人Bは何かと理由をつけて、家賃の支払いをせず、連帯保証人とも連絡がとれないということでした。

賃借人曰く、連帯保証人は亡くなったとのことです。


家賃滞納|裁判|費用

そこでまず、当事務所から内容証明郵便にて、2週間以内に未払い賃料を支払うよう求めると共に、支払いがない場合は、建物賃貸借契約を解除する旨の通知書を送付しました。

それと並行して、賃借人Xに対し、いつまでに建物を明渡すか、滞納賃料を分割で支払う場合は月額いくらずつ支払うか、文書で返答するよう求め、もし返答がない場合は、連帯保証人(もし亡くなっていれば、その相続人を探し出し、滞納賃料の請求を行う旨の文書を送付しました。


家賃滞納|解決|具体事例

2週間後、賃借人Bから、1ヶ月以内に建物を明渡す旨の回答があったため、合意書を作成し、合意書の返送と、明渡時の確認をしたいので、明け渡し前に必ず当事務所まで連絡するよう求める文書を送付したところ、賃借人Bから、建物の鍵と建物を明渡した旨の手紙が送られてきたため、不動産オーナーAさんと、建物内部を確認し、ご依頼から2ヶ月で事件は終了となりました。



家賃滞納 解消 大阪 訴訟を提起し、建物明渡と滞納賃料の回収ができた事例


解決事例|家賃滞納|大阪市

吹田市在住の不動産オーナーIさんは、事業用(倉庫)として賃借人Mに建物を貸していましたが、賃料の滞納がが5ヶ月になり、Mさんにも連帯保証人であるOさんにも書留郵便で滞納賃料の支払いを求めましたが、Mさんは支払うというばかりで、一向に支払いはなく、Oさんは文書の受け取りすらしませんでした。

家賃滞納|解決|報酬

大阪の平木司法書士事務所で事件を受任後、賃借人Mさん及び連帯保証人Oさん宛に内容証明郵便にて、建物賃貸借契約の解除通知を送付し、建物明渡を求めるとともに、Oさんに対しては、別郵便にて、今後、当事務所からの郵便を受け取らない場合は、勤務先に文書を送ることになるので、必ず文書を受け取るよう求める手紙を送付しました。

Mさんも、Oさんも、内容証明郵便は受け取りましたが、一向に明け渡しの連絡等してこないため、不動産オーナーHさんに相談し、建物明渡と滞納賃料の支払いを求める訴訟を、MさんとOさんに提起しました。

家賃滞納|解決事例|大阪

裁判所からの呼び出し状が届いたにも関わらず、MさんとOさんは法廷に現れなかったため、建物明渡と滞納賃料の支払いについての判決が下りました。

解決事例|司法書士|大阪

判決確定後、賃借人Mさんに対し、1週間以内に明け渡し日を連絡するよう求める文書を送付したところ、1週間後に建物明渡を2週間以内に行う旨の電話が当事務所に入りました。

電話があってから1週間後に現場へ行きましたが、荷物が搬出された形跡がないため、約束の期限を過ぎて明け渡しがなければ、強制執行を行う旨の文書を残して帰りました。

解決事例|不動産|オーナー

その後、何度かやりとりを行い、判決確定から約2ヵ月後(ご依頼から5ヶ月弱)に建物明渡が完了しました。

家賃滞納|6ヶ月|強制退去

建物明渡完了後、連帯保証人に対して、建物明渡時までの滞納賃料を支払うよう求め、支払いがない場合は、給与差押等行う旨記載した文書を送付したところ、連帯保証人から全額の回収を行うことができました。




家賃滞納 解消 大阪 調停を利用した解決事例



解決事例|家賃滞納|大阪市

大阪市在住の不動産オーナーHさんは、Tさんにワンルームマンションを賃貸していましたが、賃貸後2年足らずで家賃が滞るようになり、4か月の家賃を滞納して以降は、分Hさんの電話にも出ず、書留による督促状も受け取らない状態でした。

家賃滞納|解決|報酬

大阪の平木司法書士事務所で事件を受任後、賃借人Tさん宛に内容証明郵便及び配達記録郵便にて、建物賃貸借契約の解除通知を送付し、明渡の意思がある場合、いつまでに建物を明け渡すか回答するよう求めました。

Tさんから連絡があり、滞納家賃は支払うので明渡を求めるのは待ってほしいとの回答があったため、当司法書士は、Tさんに対し、簡易裁判所の民事調停の中で、滞納賃料の支払いと、支払がなかった場合は建物を明け渡す旨を約束してほしいと求め、Tさんはこれに応じました。


家賃滞納|解決事例|大阪

簡易裁判所にて、Tさんは、4か月分の滞納賃料16万円を、毎月2万円ずつ返済することとし、毎月の賃料4万円+滞納賃料2万円の支払いが2か月遅れた場合は、建物を明け渡す旨、調停で約束し、調停調書が交付されました。

解決事例|司法書士|大阪

Tさんは半年間、毎月6万円を支払われましたが、その後2か月家賃を支払わなくなったため、調停条項違反により、建物明渡を求める督促状をTさんに送ったところ、Tさんから直ちに支払う旨返事がありましたが、翌日振り込まれたのは半金の6万円でした。

当司法書士からTさんに対して再度連絡をとり、今月中に残り半金の6万円を支払った場合は、建物明渡を2か月猶予する旨伝え、Tさんはしぶしぶこれを了承。それから2か月後に、無事建物明渡となりました。


     家賃滞納|大阪市港区|事例 

家賃滞納問題は、明渡による強制執行を求めるケースが多いですが、中には賃料の支払いを条件に、和解に応じるケースもあり、解決方法はさまざまです。また、解決までにかかる時間もさまざまです。

大阪の平木司法書士事務所では、それぞれの事案に応じた迅速な対応を心がけています。


〒550-0002
大阪市西区江戸堀1丁目23番26号西八千代ビル9階
(地下鉄肥後橋駅土佐堀通西へ徒歩5分 大阪YMCA会館斜め向かい)
  平木司法書士事務所  司法書士  平木 寛二
   電話  
06-6445-5767

不動産に関すること
相続登記について
名義変更のお手続き
住宅ローンを完済したら
その他の不動産登記
不動産に関する相談事例
会社・法人に関すること
会社の設立
役員の変更
その他会社・法人の登記
会社登記に関する相談事例
裁判に関すること
家賃滞納にお困りの方へ
内容証明を出したい
不払い問題でお困りの方へ
訴えを起こされた被告の方
その他のトラブル
裁判事務解決事例
成年後見に関すること
成年後見制度って?
成年後見人の仕事とは
成年後見申立について
任意後見契約他について
遺言について
成年後見に関する相談事例
債務整理に関すること
任意売却について 
高齢者の破綻問題 
 事務所紹介
司法書士紹介
事務所方針
アクセス
報酬について
よくあるご質問
お問い合わせ