成年後見、遺産整理、不動産・マンションのトラブル解決 13年超の実績 
     
 誠実、迅速をモットーに 地下鉄肥後橋駅徒歩5分(土佐堀通り沿い)  
 不動産売却 リースバック 流れ 大阪 平木司法書士事務所(大阪市西区)  電話 06‐6445‐5767 
     
 
リースバック 具体例|司法書士 大阪 報酬について  リースバック|契約|司法書士 大阪 よくあるご質問  リースバック|相談|司法書士 大阪 事務所方針  債務整理 リースバック|解決|司法書士 大阪 ホームに戻る
 
     
 
トップページ>債務整理に関すること>任意売却
>リースバック

リースバックについて

リースバックとは、不動産を売却後、買主からその不動産を賃借し、住み続けることをいいます。



リースバック 不動産業者 大阪 リースバックの具体事例



 
競売にかけられたAさん

Aさんは、自身が所有する不動産に20年以上住んでいましたが、リフォームをするにあたり、自宅を担保にリフォーム費用を借り入れました。

Aさんは、毎月の返済ができなかったため、自宅を競売にかけられ、とある不動産業者が落札しました。
不動産業者は、Aさんのもとを訪ね、賃貸借契約を締結し、賃料を支払うのであれば、この家に住み続けても構わないといい、Aさんと不動産業者は、賃貸借契約を締結しました。

Aさんはその当時72歳。年金暮らしでした。よくないリフォーム業者と、貸金業者に騙されたのかもしれませんが、ひとまず家を追い出されるという事態にはなりませんでした。


リースバック 流れ 大阪 
リースバックの注意点



 
取引相場よりも不動産価格は低くなる


リースバックを検討される方は、何らかの事情を抱えていらっしゃいます。
不動産を購入する側からしてみれば、賃借人を選べないわけですから、手を出しずらいものです。

よって、リースバックの物件は、一般の人ではなく、不動産業者が一般的です。

不動産業者は、不動産を買って、一定の収益をあげようとします。
不動産の購入代金は、借り入れであることも多いです。
よって、不動産を少しでも安く買おうとします。


 賃貸借契約条項を詳細に確認

不動産を売却したら、今住んでおられる不動産は、賃借物件となります。
家賃は当然支払わなければなりません。

家賃については、買主様と物件内を確認しあって賃料を定めることとします。
給湯器や水回り、構造躯体等老朽化していて交換が必要な箇所がある場合、買主がこれを負担しなければなりませんが、賃料の減額交渉により、そのまま使われるということであれば、そのことも書面で記しておく必要があります。

建物明渡時の原状復帰についても、どのような形にして退去するのかということを、書面で明らかにしておく必要があります。


 
オーナーが変わる場合

不動産の所有者が、売買により変わった場合、改めて現状の確認をしてもらう必要があります。

引継ぎがなされていない可能性もあるので、前オーナーとの書面のやりとりを示しながら、改めて新オーナーと契約内容の確認をしておく必要があります。






〒550-0002
大阪市西区江戸堀1丁目23番26号西八千代ビル9階
(地下鉄肥後橋駅土佐堀通西へ徒歩5分 大阪YMCA会館斜め向かい)
  平木司法書士事務所  司法書士  平木 寛二
   電話  06-6445-5767
 
不動産に関すること
相続登記について
名義変更のお手続き
住宅ローンを完済したら
その他の不動産登記
不動産に関する相談事例
会社・法人に関すること
会社の設立
役員の変更
その他会社・法人の登記
会社登記に関する相談事例
裁判に関すること
家賃滞納にお困りの方へ
内容証明を出したい
不払い問題でお困りの方へ
訴えを起こされた被告の方
その他のトラブル
裁判事務解決事例
成年後見に関すること
成年後見制度って?
成年後見人の仕事とは
成年後見申立について
任意後見契約他について
遺言について
成年後見に関する相談事例
債務整理に関すること
任意売却について 
高齢者の破綻問題 
 事務所紹介
司法書士紹介
事務所方針
アクセス
報酬について
よくあるご質問
お問い合わせ