成年後見、遺産整理、不動産・マンションのトラブル解決 13年超の実績 
     
 誠実、迅速をモットーに 地下鉄肥後橋駅徒歩5分(土佐堀通り沿い)  
 相続登記 大阪 平木司法書士事務所(大阪市西区)  電話 06‐6445‐5767 
   
 
会社分割|司法書士 大阪 報酬について  資本金の額の減少|司法書士 大阪 よくあるご質問  増資|募集株式の発行|司法書士 大阪 事務所方針  解散|清算人選任|司法書士 大阪 ホームに戻る
 
   
 

トップページ会社・法人に関すること資本金の額の減少

資本金の額の減少手続きについて



資本金の額の減少とは、文字通り貸借対照表の資本の部にある資本金を減少させることを言いますが、その目的としては次のようなことが考えられます。

資本金 減少 流れ 欠損填補

資本金の額の減少により減少された額は一旦剰余金にシフトするため、これを株主総会の決議によって損失処理に充てる(会社法第452条)

資本減少|司法書士|大阪 減少から払戻し

資本金の額の減少により増加した剰余金を、株主総会の決議により株主に配当する。


会社の資本金は、会社法上債権者の拠り所となるため、資本の額の減少をするためには以下の手続きが必要となります。


       株主総会の特別決議(但し、例外規定有り)
          資本減少|司法書士 大阪|登記申請
       
債権者保護手続き
     
 1ヶ月資本金の額の減少|司法書士|大阪市  官報公告、債権者個別に書面で催告
               (又は定款で定める日刊新聞等で催告)

     
異議がなし     異議があり     
       資本減少|司法書士 大阪|手続きの流れ          資本減少|官報公告|費用
               
異議ある債権者に弁済又は担保を立てるなど
       資本金の額の減少|手続き          資本金の額の減少|債権者保護手続き     

     資 本 減 少 効 力 発 生



資本金の額の減少と共に増資を行い、減少の効力発生時に減少前と比べて資本金の額が同じまたは増加する場合、取締役会(または取締役の決定)の決議で可能となります。
  ※但し、債権者保護手続きは必要です。



〒550-0002
大阪市西区江戸堀1丁目23番26号西八千代ビル9階
(地下鉄肥後橋駅土佐堀通西へ徒歩5分 大阪YMCA会館斜め向かい)
  平木司法書士事務所  司法書士  平木 寛二
   電話  06-6445-5767
 
不動産に関すること
相続登記について
名義変更のお手続き
住宅ローンを完済したら
その他の不動産登記
不動産に関する相談事例
会社・法人に関すること
会社の設立
役員の変更
その他会社・法人の登記
会社登記に関する相談事例
裁判に関すること
家賃滞納にお困りの方へ
内容証明を出したい
不払い問題でお困りの方へ
訴えを起こされた被告の方
その他のトラブル
裁判事務解決事例
成年後見に関すること
成年後見制度って?
成年後見人の仕事とは
成年後見申立について
任意後見契約他について
遺言について
成年後見に関する相談事例
債務整理に関すること
任意売却について 
高齢者の破綻問題 
 事務所紹介
司法書士紹介
事務所方針
アクセス
報酬について
よくあるご質問
お問い合わせ